おススメ!気になるわきの臭いはこれで撃退

ワキの臭いが気になる季節。自分がにおわないか気になっていませんか?

もしかしてワキガかも・・・」と悩んでいる方は、どうにかしてこの臭いをなくしたいと思っているはずです。

 

 

 

 

市販のデオドラントスプレーを使用するのもいいのですが、自分で手作りすることもできますよ。
重曹・クエン酸・ミョウバンなどがおすすめです。今や100円ショップやスーパーでも手軽に購入できますよ。
体にも優しいナチュラル素材で安心なうえに、においの軽減効果もあるんです。

 

重曹

100ミリリットルの水に対して、重曹小さじ1杯を入れ、重曹水を作ります。
これをスプレーボトルに入れ、ワキにシュッとするだけでOK。

 

重曹の弱アルカリ性のパワーで、ワキの臭いや体臭に効果を発揮します。
加えて殺菌効果もあるのでWの効果が期待できます。

 

それでもにおいが気になるときは、浴槽に重曹を一つかみいれてから入浴してみましょう。
最初は違和感を感じるかもしれませんが、慣れてくると次第に気にならなくなりますよ。

クエン酸

ワキガのにおいの原因は、アポクリン線という汗腺から出るアンモニアなどを含んだ汗によるものです。
クエン酸がこのアンモニアによく効きます。

 

クエン酸も重曹と同様、クエン酸水を作ります。
分量は水500ミリリットルに対してクエン酸小さじ一杯で作ります。

 

このクエン酸水を、手またはコットンでパッティングしてみてください。
クエン酸もお風呂に入れてもOKです。こちらもおすすめの使い方です。

 

また、食べ物からクエン酸を摂取することもできます。
クエン酸を多く含んだ食品、例えば梅干し・レモン・リンゴなどを普段の食生活に積極的に取り入れるようにする事も大切です。

 

ミョウバン

ミョウバンは制汗や殺菌、さらに消臭効果もあるので、ワキのニオイ対策にはうってつけのものです。

 

重曹、クエン酸水と同じようにミョウバン水の原液を用意します。
分量は水500ミリリットルに対してミョウバン大さじ1杯です。
それをさらに10倍ほど薄めれば、ミョウバン水の完成です。

 

こちらをこまめにパッティングすることで効果があります。

 

これらの3つには消臭効果もあります。ワキだけではなく靴や足にも利用できます。
お出かけの時に小さなスプレーボトルを携帯し
お手洗いの際にシュッとひと吹きすれば、ニオイ対策は安心です。